<小川町 野菜 料理 掲示板!>



カテゴリ:[ 調理/レシピ ] キーワード: 小川町 野菜 青星屋


新着順:7/42


[38] おネギた~っぷり簡単♪“挟み”餃子

投稿者: solar_mama 投稿日:2014年 4月21日(月)19時07分17秒 p4045-ipbfp2903osakakita.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

おネギた~っぷり簡単♪“挟み”餃子(約2~3人前分)

スーパーの白ネギと比べ、おネギが辛くないことと、
ちびっ子も簡単に手早く作れる様、サンドイッチ風に挟む餃子にしてみました♪
また、白菜を茹でたり…などの手間を掛けないので、忙しい時にもぱぱっと作れますよ^^

☆材料と下ごしらえ
〇豚ひき肉…400グラム程度
〇葱ひと束…白いところをメインに小口に刻み、中くらいのボウル軽く1杯分くらい準備します。
 ひき肉のボリュームからすると、ネギがかなり多く感じられるかもしれませんが、
 しっかりこね混ぜたら大丈夫です。
*青いところは冷凍するなどして、他の料理の薬味にとっておきましょう♪
〇片栗粉…1/2~2/3カップ程度
 ひき肉と合せる前に、ネギにまぶし掛けます。
 ネギの水分が閉じ込められ、調味料と一緒にこね混ぜた時に水っぽくならず、
 また適度なつなぎとなってくれます♪
〇餃子の皮…大きめのもの30枚程度
〇調味料…塩コショウ適宜、濃い口しょうゆ小さじ2程度、オイスターソース小さじ1、
 ごま油小さじ1程度
〇サラダ油
〇打ち粉用小麦粉適宜

☆つくりかた
①小口に刻んだネギだけをボウルに入れ、片栗粉をまぶし掛け、全体に回る様、
 軽く混ぜあわせます。
②別の深め・大き目のボウルにひき肉を入れ、調味料を合わせます。
 その上から①を合わせて木べら等を使用してしっかりこね混ぜます。
 ひき肉から少し粘りが出て、ネギの水分と片栗粉のつなぎで、
 何となくまとまりが出てくればOKです^^

*生地を準備している間、手の空いたご家族に餃子を包むためのテーブルセッティングを
 して頂きましょう♪
 テーブル等の台に、大き目のビニール袋をガムテープなどでぴちっと貼り付け、
 そこで餃子を包む作業をします。打ち粉・油などで汚れても、
 作業終了後クルッと丸めて ポイできるので、お片付けも簡単ですよ♪
 また、包み終わったものを乗せるトレー様のものにラップを貼り、
 これも汚れの始末が簡単にできるようにしておきます♪

③さぁ、皆で楽しく包みましょう^^
 こんもりと皮に具を載せ、サンドイッチ風にして生地を畳みます。
 手のひらで平らに押し延ばし厚さ1.5~2センチ弱くらいにします。
 難しく手間のかかる、しわを寄せたりなどしなくても良いので、とても簡単です♪

 火の通りの事を考えて、できれば餃子の厚みは大体同じくらいにしたいところ
 だったのですが、
 ちびっこ達は結局、お団子状orしわ付等々、各々自分の好きな様な形にして
 しまいました…(笑)

④焼き上げです♪
 大き目の平らなフライパンを強火で熱し、多い目の油をなじませます。
 中火にして、餃子を重ならないように並べ、ジューッと少し音が出てきたら、
 水半カップ程度を加え、蓋をして蒸らします。
 3分程度の後、フライパン表面の水がすっかり飛んでいたらヘラを使って裏返します。
 蓋をして2分程度…両面に軽く焦げ目がつく位が良いでしょう♪
 加熱むらがあった場合は電子レンジなどで再加熱して、しっかり火を通してください。

*酢醤油やポン酢・ごまだれ等、お好きな調味料で召し上がってくださいね♪

<感想>
 通常手作り餃子となると、白菜をゆでで刻んだり…と下ごしらえの大変さに圧倒され、
 作る気がつい萎えてしまうので><;今回は敢えてシンプルな具材だけに拘り、
 チャレンジしてみました。
 また、挟む・丸めるだけ??…なら、ちびっ子もラクラク操作でき、
 楽しんでくれた様です^^
 おネギた~っぷりなのでとてもジューシー&ヘルシー、
 たいへん美味しくいただけました~♪


<追伸>
 グローバル小作人さま

 いつも温かいコメントありがとうございます^^
 小川町のお野菜がきっかけで、
 作ること・食べることを見直し、また楽しみをたくさん見いだせることは、
 私と家族にとって素晴らしい贈り物になっています♪
 これからもどうぞよろしくお願いいたします^^


新着順:7/42


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.