<小川町 野菜 料理 掲示板!>



カテゴリ:[ 調理/レシピ ] キーワード: 小川町 野菜 青星屋


新着順:13/42


[32] 『里芋とかぼちゃのはとこ(??)グラタン@ほうれん草添え:4人前程度』

投稿者: solar_mama 投稿日:2014年 1月31日(金)11時35分59秒 p8228-ipbfp2803osakakita.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

『里芋とかぼちゃのはとこ(??)グラタン@ほうれん草添え』(4人前程度)

週明け、次のお野菜セットが届く前に、
冷蔵庫にいる最後のお野菜たち…里芋とほうれん草をどうやって美味しく食べようかと考えまして、
里芋のグラタンにチャレンジすることに(^O^)♪

ちょうどかぼちゃも手元にあったので、(ボリュームを増やす意味でも)入れてみることにしました。

☆ホワイトソースを別途で誂えないので、調理もラクラクです。
*鍋2つ(グラタンソース用(深め)・里芋下ゆで用)とオーブンを使用します。


<主な材料と下ごしらえなど>
◎里芋1袋分:丁寧にたわしでこすってひげ根を落とし、後に皮をむきやすい様にしておきます。
        鍋で沸騰した湯にお酢を少量入れて、里芋を7~8分ほど下茹でします。
       火からおろしたらザルにあげて粗熱をとっておきます。

       粗熱が取れたら、皮をむいて2センチ角程度のサイの目切りにします。

◎かぼちゃ小さめの半分程度:
       皮むき器で皮をむき、耐熱皿に載せて軽くラップをしてレンジで2分ほど加熱し、
       包丁がさっくり通る程度まで火を通します。
       里芋同様、粗熱がとれたら2センチ角程度のサイの目に切ります。

*オーブンで焼きあげる時に火がしっかり通るので、ここでは半生でも大丈夫です♪

◎ほうれん草1束:
       流水でしっかり振り洗いして土を落とし、根を落として半分長さに切り、
       水けを切っておきます。



<ソース用具材>
◎たまねぎ :中くらいのもの1玉
       タテに四等分したものを、(繊維を横切る方向で)厚めにスライスします。

◎えび   :中くらいのもの5~6尾。グラタンの良い風味を出すために加えます。
       (生臭さが出る前にサッと火を通すために)1センチ程度に切り、
       キッチンペーパーなどに取って水けを切っておきます。

◎マッシュルーム
      :大き目のもの3~4ケ。なければシメジ1パックでもOKです♪
       タオルなどで軽くゴミなどを払ってから、少し厚めにスライスします。

*シメジの場合は石づきを落としてから半分長さに切り、ほぐしておきます。



<その他調味料など>
◎オリーブオイル
      :大さじ1程度。ソースの炒め用に使用します。

◎にんにく :小さめのひとかけ程度。コクと香りを出すために加えます。
       みじん切りします。

◎ワインビネガー:小さじ1程度。

◎塩、コショウ、お好みのハーブなど適宜。

◎小麦粉  :軽くカップ1杯弱程度。

◎牛乳   :3カップ程度。
*ソースの硬さはお好みで調整して下さいね。

◎薄口しょうゆ
      :小さじ1~1.5程度。ソースの仕上げに隠し味として使用します。

◎シュレッドチーズ
      :カップ1杯程度。*お好みでもっとタップリ加えてもOK♪


<その他使用する器具など>
 木べら、ゴムべら、深めの耐熱性容器、オーブン用天板、
 耐熱皿に塗るオリーブオイル(分量外)など。


<作り方>
①深めの鍋を中火で熱し、オリーブオイルを入れます。
 鍋肌にオイルが馴染んだらとろ火にして、
 にんにくを焦がさないようにサッと木べらで炒めます。

 続いて玉ねぎを入れ、これも焦がさないようにしんなりするまで炒めます。

 マッシュルームとエビを入れ、軽く火が通ったらワインビネガーを入れ、
 蓋をして蒸らします。

 一旦火を止め、塩コショウ適宜で下味をつけておきます。


*この間、もう一つの鍋で湯を沸かし、里芋を下ゆでします。
 また、カボチャもレンジで加熱し、適宜下ごしらえをしておきます。

 下ごしらえが出来たら、耐熱容器にオイル(分量外)を軽く塗ったところに、
 かぼちゃ・里芋を平らにひろげ、その上にほうれん草をのせておきます。

*この間、オーブンを210~220℃程度に予熱しておきます。
 天板も一緒に予熱しておきましょう♪


②鍋に小麦粉を全量入れ、ヘラで具材と馴染むように混ぜ合わせます。
 全体的に粉っぽさがなくなったら、牛乳を始めは1/3程度入れます。
 だまにならない様、伸ばすように馴染ませます。

 ある程度馴染んで来たら全量入れてもOKです。

※必ず火を止めた状態でして下さいね。

③再度火をつけ、弱火で焦がさないように、
 鍋底から木べらで返すようにしてソースを混ぜます。

 軽くフツフツと沸いてソースにとろみがついたら、
 薄口しょうゆを加え、火を止めます。

④耐熱容器に広げた具材の上から、ソースをざっと流し入れます。
 鍋肌に残ったソースは、ゴムべらでこそげ落とし、
 また全体がある程度平らになる様にならします。

 上からチーズを乗せ、オーブンに入れて20~25分程度、
 焼き色がつくまで焼きあげましょう♪

 アツアツをハフハフ♪召し上がれ~??


<感想>
今回は、日ごろ『1品おかず』になりがちな里芋さんが、
ちょっとひと手間で、ご馳走メニューになりました♪

正直、『里芋の煮っ転がし』だと、
そんなにテンションあがらなかったと思うのですが(笑)

グラタンときいてちびっこ達も大喜び(^O^)♪
「美味しいね~」「美味しいね~」とあっというまに完食御礼m(__)m♪

ほうれん草の甘さにも感激のひとときでした。

*グラタンと言うと良くコンソメ風味をイメージしがちですが、
具材すべての旨味を活かすために調味を最小限に留めました。

また、具材が和風メインなのでうすくち醤油で仕上げ、
お酒にも合うようなメニューになったかと思います^^


*オマケ(??)…
実はうちのオーブンには加熱むらがある様でして…^^;
里芋がところどころ、サクサク感が残っていたり、
しっとり柔らかだったりしましたが、

これも味わいのひとつとして楽しんじゃったそうな♪


*オマケその②…
今回グラタンに彩りを添えてくれたほうれん草の、
持ちのいいことにもびっくりしました!!!

到着から野菜室に入れ、10日程経っていたのですが、殆ど傷みなし!!!!
変なクスリを浴びていない自然そのままの姿は、

生命力の強さにも繋がるんですね…(^_-)-☆


新着順:13/42


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.