サッカーのフォーメーションそれぞれの長所と短所



カテゴリ:[ サッカー ] キーワード: 細貝萌


1件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1] サッカーのフォーメーションそれぞれの長所と短所

投稿者: Anneliese 投稿日:2013年12月 2日(月)15時35分52秒 124.125.118.214  通報   返信・引用   編集済

3人の子供たちにランダムにトライアングルを形成させる6歳以下のチームを監督しているのでない限り、あなたはフィールドで選手達にある形を与える必要があります。年齢がもっと上のユースや大人のチームは自陣ゴールに1人の選手を配し、残り10人を組織してそれぞれがディフェンス、オフェンス、またその切り替えの際にどこにいたらよいか、大まかなアイデアを持てるようにします。候補となるフォーメーションの長所と短所を知ることで、フォーメーションを守備選手(例えば内田篤人のような)や攻撃選手(例えば岡崎慎司)のような選手達、また試合の戦略により良くマッチさせることができるでしょう。

4-4-2
大人の国際試合を含む、15歳以上の試合で最も頻繁に見られるフォーメーションは4-4-2です。

4-3-3

4-3-3 フォーメーションは、過去数十年、アマチュアの試合で主に採用されており、今でもリクリエーションの試合で見られたり、対戦相手よりオフェンスが勝っていると自信のあるチームが採用する場合もあります。

4-5-1
プロの精鋭チームは、もしゴールを生み出せるスターストライカーがいるか、ボールをコントロールして僅差でのリードを保ちたい場合に4-5-1を採用します。

http://www.bundesliga.com/jp/liga/clubs/fc-schalke-04/spieler.php?player=35562


レンタル掲示板
1件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.